整形で二重に変身|見ていた景色が一変する

女の人

レーザーを使った方法

シミ

Qスイッチルビーレーザーなら、他の部位には殆ど影響を与えずにシミだけを治療する事が出来ます。シミを消す方法は様々ですが、最近ではQスイッチルビーレーザーレーザーのような光を用いた治療が一般的となりました。

この記事を読む

手術の流れと経過

レディ

二重瞼を美容整形で作る方法には、大きく分けると切開法と埋没法があります。切開法はくっきりした二重瞼になりますが、手術なので術後腫れが出ます。プチ整形の埋没法は切開法よりも簡単です。手術後は安静にして過ごせば腫れを抑えることが出来ます。

この記事を読む

可愛くなりたい

目もと

理想の顔になるために

日本人は二重より一重の人の割合のほうが多いと言われています。しかし、一重よりも二重のほうが目がパッチリして見えるので顔の印象が大きく変わってきます。そのため、一重から二重に変える人が多いのです。1番簡単に変える方法はアイテープやアイプチを使う方法がありますが、時間が経つととれて元に戻ってしまったり、線のくせがつきにくいです。そのため、完全に二重にしたい人には整形が人気です。整形というと失敗した時のリスクが大きいイメージがありますが、二重整形の手術は比較的成功率が高いです。主に3つの方法があり、その中でも主流になってきているのがメスを使わないで二重になれる方法です。万が一、顔に傷が残ったら…とためらう人でもこれなら安心してできるので人気が高まってきています。

主な手術の特徴

二重整形の主な手術の方法の紹介です。1つ目はメスを使わずに糸を埋め込んで二重にする埋没法です。埋没法はまぶたに傷跡を残すことなく、安い価格でできるとこが特徴です。2つ目は目頭などを数ミリ切開する切開法です。切開法は他の2つよりは価格が高いですが持続性が1番長いことが特徴です。3つ目はラインの上の一部分を切開し線を作ったり、まぶたの脂肪を取ることによって二重にする小切開法です。小切開法は埋没法と切開法の中間と言われています。埋没法では二重が続くのか心配だが、切開法は怖いという方向けです。自分のまぶたの厚さやなりたい目の理想によって、手術の方法が変わってきます。手術する前に自分にあった整形方法をしっかり医師と話し合うことが大切です。

エラの張りが気になる時は

ドクター

エラの部分の筋肉が発達しすぎているせいで顔が大きくなっている場合は、ボトックス注射で小顔になることができます。沖縄には評判の良い美容外科クリニックがたくさんありますが、複数のクリニックでカウンセリングを受けてみた上で、どこで治療を受けるかを決めるようにするのが得策です。

この記事を読む

Copyright© 2016 整形で二重に変身|見ていた景色が一変するAll Rights Reserved.