手術の流れと経過|整形で二重に変身|見ていた景色が一変する

整形で二重に変身|見ていた景色が一変する

女の人

手術の流れと経過

レディ

手術後のダウンタイム

一重瞼を二重瞼にする場合、切開する切開法とプチ整形の埋没法があります。瞼にメスを入れて行う切開法は、くっきりした二重瞼になりたい場合にお勧めです。どんなに目が細い人でも、外国人のように幅広の二重になります。ただし、切開法は切開する分術後のダウンタイムが長く、腫れがしばらく続きます。腫れには個人差がありますが、腫れがひどくなると外出時はサングラスが必須になります。埋没法は糸を止めるだけのプチ整形です。プチ整形なので切開法よりも腫れが少なく、中にはほとんど腫れない人もいます。腫れない埋没法で手術をしてくれるクリニックもあります。ただし、手術をした当日は体温が上がるような行為は避けて、安静にして過ごすことが大切です。

埋没法の流れ

埋没法のプチ整形で二重瞼にする人が増えています。埋没法は美容整形の中でもリスクが低い手術です。比較的容易にできて、それでいて見た目が激変するのが埋没法の魅力です。手術をする前にカウンセリングをして、どういう二重にするのかデザインを決めてマーキングをします。そしてマーキングに沿って瞼の裏側から糸を通し、筋肉と皮膚を固定します。糸は髪の毛よりも細く、見た目ではほとんど分からないようになっています。局所麻酔をしてから行うので感覚はほとんどなく、痛みが苦手な人でも安心です。手術後は約1週間ほどひどい腫れが続きます。しばらくはデザインした二重よりも幅広のラインになりますが、約1ヶ月ほどで落ち着いてきます。

Copyright© 2016 整形で二重に変身|見ていた景色が一変するAll Rights Reserved.